2015年1月29日木曜日

着物新年会

着物サークルの新年会がありました。
場所は松本の某ホテルにて。

ホテルでの新年会という事で皆さんパーティースタイル。
普段は紬や小紋といったカジュアル着物でお会いしていたので、新鮮。
華やかな会でした。
私も一張羅の絞りの訪問着を。

 
 
上着は着物用のウールコート。
 

 
サークルの皆さん、今年も宜しくお願い致します。

2015年1月16日金曜日

小松美羽展

月曜の祝日、サントミューゼ上田市立美術館で行われていた小松美羽展へ行って参りました。
小松美羽さんは、長野県出身の画家。
海外でも評価を得ている若手アーティストです。


着物で行くと特典があるとの事で、もちろん着物で行きました。
アンティークの御召に格子柄の紬の名古屋帯。

 
 
帯周りはこちら。
半襟は黒い絞り染め。母のお古です。

 
 
小松美羽さんも可愛い着物で会場にいらっしゃいました。
お忙しそうだったので写真は撮れず・・・。
そして沢山の着物姿のお客さんが!
こういう、「着物で行くと○○!」という催しがもっと増えれば、着物人口も増えるんでしょうね。
 

 
 

2015年1月14日水曜日

新年会

日曜日は、夫の仕事関係の新年会に家族で呼んで頂きました。
場所は某ホテルの会場。
昨年も着物を着て出席しましたので、今年も。
ミントグリーンの付下げに白地の袋帯。

 
付下げの柄はシンプルな刺繍。

 
上着は絵羽の道行です。


 
セミフォーマルを着るとやはり気持ちがしゃんとします。
着物での出席は私1人ですが、数名の方が
「毎年着物姿を楽しみにしています」
と言って下さいました。
 
こういうビジネスパーティーの時の服装、洋服だと非常に難しいのです。
男性はビジネススーツでいいのでしょうが、女性だとそれでは堅い。
そうかといって結婚披露宴にお呼ばれした時のようなドレスワンピでは華やか過ぎで・・・。
パーティー慣れしていない日本人はこういう場面の服装選びに頭を悩ませる方、多いのではないでしょうか。
そもそも子育て中心の生活を長くしてきた私のワードローブはカジュアルなものばかりで・・・。
その点、着物は柄付けや種類によって格や用途がはっきりしているので助かります。
わざわざ着付けしてもらって、だと腰が重くなりますが、自分で着れるのならこういう時むしろ着物の方が楽。
着付けを覚えて良かった、と思います。
 


2015年1月13日火曜日

観劇

この3連休は、毎日着物を着て出掛けました。
まず、土曜日。
東京に日帰りでお芝居を観に行きました。
私、中学生の頃演劇部に所属しておりまして、お芝居を観るのが趣味です。
今回観た舞台はこちら。

 
 
歴女、と言う程でもないのですが日本史が好きで、尚且つ着物も好き、観劇も好き、な私には好きな物が詰まった舞台。
わざわざあずさで都内まで行く甲斐があるというものです。
 
観劇の後はあちらに住む友人と久々に再開し、終電まで食事とおしゃべり。
 
 
この日の着物はこちらでした。
雪輪模様の小千谷紬。
帯は正月気分を引きずって、お正月らしい柄が織り出された赤い九寸名古屋帯を。
 
 
上着は、鹿の子絞りの道中着を。
 
 
帰りのあずさ、酔って気持ち悪かった・・・。
高速バスや特急列車など、着物で公共の乗り物に長時間乗ると、かなりの確率で酔います。
酔いづらくなる方法、ご存じの方教えて下さい!



2015年1月8日木曜日

厄払い

今年、本厄です。
なので厄払いに行ってきました。
松本市にある厄払いで有名な、金峯山牛伏寺。


駐車場から、長い階段を登った所にあります。
だいぶ雪が残っている階段を着物で登るのはしんどかった・・・。


ご祈祷を受けた後、お寺の境内を散策。
可愛い牛の像が横たわっています。


この日の着物は梅柄の小紋に宝尽くしの縮緬帯。
この時期毎年着ている、私のお正月の定番スタイルです。


小紋の柄アップ


上着はウールの着物用コート。
とっても暖かです。



山なので、雪が沢山残っていました。


池は氷が張っており、噴水も凍って凄い事に!
西日が当たって、まるでクリスタルのようにキラキラと輝いていました。


こちらは年始の旅行の時の写真ですが、
今年のお正月は何処も雪だらけだったので、アザラシの草履が大変重宝しました。

2015年1月5日月曜日

初詣

新年、明けましておめでとうございます。

年末から関西方面へ旅行に行っておりました。
旅先のお寺で初詣を。


凄い雪でした。
 
 
 
お正月なので縁起良く、宝尽くしの縮緬帯を。
 
 

帯留はウサギ。


お寺で購入した羊のお守りを根付にしました。


今年もどうぞ宜しくお願い致します。