2015年2月12日木曜日

友人に着付けを教える

近所に住む友人が、着物デビューをしたいとの事。
恐れ多い事に私が着付けを教える事になりました。
2人のお子さんの子育て中で忙しく、着付け教室に通う時間がないようで。
人に教えるどころか人に着付けた事も1度もなかったので、私にとっても良い経験、良い勉強になりそう。
何よりも着物を着る人が1人でも増えるのは本当に嬉しい。
ど素人の私なんかでいいのだろうかと不安もありましたがやってみる事に。

1回目は友人の自宅で。
まずは一通り説明しながら私が着付けてみました。
お母様からのお下がりだという上品な小紋に袋帯で。
人に着付けしたのは初めてですが、初めてにしては我ながらなかなかの出来!
裾が長かったようで引きずっちゃっていますが・・・。


2回目は翌日に我が家で。
今度は横で私も一緒に自分の着付けをし、やり方を見せながら自分で着てもらいました。

 
 
私はほとんど手を出していませんが、綺麗に着れました!

 


忘れないよう、その後自分で何度も復習してくれてるようです。
一緒に着物でお出掛けできる日が楽しみ。

着付けを昔習ったけどすっかり忘れてしまった、という話はよく聞きます。
覚えたつもりでも着ないと当然忘れちゃいます。
また、家で鏡の前で練習だけ積んでうまくなったと思っても、いざお出掛けして歩いたり乗り物に乗ったりすると崩れてくるんです。
お出掛けしたらここが崩れた、じゃあ次はもっとこうしよう。
長時間着て過ごしたら苦しすぎて耐えられない、じゃあ次はもう少し緩くしてみよう。
そんな風に徐々に改善していくものです。
その人の体型や動きの癖などによっても崩れやすい所や痛くなる部位が違うでしょうから、実際に着て出掛け、経験を積んでいくしかない。
今着付けを習っている方、覚えたての方、どうか沢山着て着て、着まくって下さい!
自信が無いから着ないんじゃなく、自信が無いからこそ沢山着て自信を付けていきたいもの。
こんな偉そうなことを言いながら私もまだまだ日々勉強中。
もっともっと頻繁に着て、素敵な着姿を目指したいと思います。

2015年2月9日月曜日

名古屋帯の変わり結び

安曇野きものサークル「着遊楽」の2月の集まりは、変わり結びの講習でした。
場所は松本の百竹亭。
サークルのメンバーで着付けの先生がいらっしゃるので講習が開かれ、私も習いました。
今までお太鼓しか出来なかったので、丁度銀座結びが出来るようになりたいと思っていたところ。

まずは、銀座結び。
先生がご自分で結ぶのを一通り見て、その後手取り足取り指導してもらいながら何とか自分で。
これ!これが出来るようになりたいと思っていたのです。


 
 
別の角度から。
最後に形を整えるところを先生が手伝ってくれたので綺麗に角ばっています。
 


お次はリボン太鼓。
お太鼓の上にリボンが乗っています。
1回目はリボンの上の部分だけヒラリと出ている感じになりました。


2回目に挑戦した時はリボンが大きく出て、また違った印象に。
やり方は全く同じなのに、少しの差でこんなに変わるんですね。

 
 
2パターンの講習を終え、お茶とお菓子で雑談。
冬の中でも特に寒い2月の前半。
こんな時期にはストーブの効いたお部屋でまったり過ごすのが1番です。
 
 
この日の着物は母の未使用のお下がりの紬に祖母の羽織。
厚手の真綿紬なのでほっこり暖かい。
しかしそろそろ春の気配も取り入れたく、蝶の羽織を選びました。
 


 
折角習った手順を忘れないよう、帰宅してすぐに復習。
どちらもちゃんと覚えていました。
早く銀座結びでお出掛けしたい。
先生方、ありがとうございました。