2015年8月31日月曜日

小布施でロケハン

小布施へ行ってきました。
10/18(日)に、小布施で着物コンテストがあります。
私はコンテストには出ませんが、コンテストの前日小布施の至る所で出場者の写真撮影をするそうで、そのためのテスト撮影のモデルの依頼を受けました。

着物で来て下さいとの事だったので小千谷縮に紅型の麻の帯で。



コンテストの詳細はこちらです。
出場者、9/30まで受け付けているそうなのでご興味のある方は是非!

http://obuse-omc.net/contest/
「小布施着物コンテスト」で検索を。

諏訪湖の花火

もう1週間も前のことですが、きものともだちで諏訪湖の花火を観ました。
諏訪湖といえば8/15に大きな花火大会がありますが、それ以外に夏の間(今年は7/26~8/31)毎晩、20時30分から15分間花火があがります。↓
http://www.suwako-hanabi.com/summer/index.html

大きな花火大会は非常に混むので避け、この15分花火を観に行こうと副代表が提案してくれました。
そして諏訪湖といえばもう1つ、うなぎ。
さらに夏といえば、うなぎ。
というわけでうなぎを食べて花火を観る、というプランで。

うなぎはうな重や定食ではなくてコースにしたのでちょこっとでしたが、鯉のお刺身など珍しいものも。

そしてメインの花火。
コースが全部出てくるのに時間がかかり、急いで向かっている間に始まってしまった!

なんとか湖畔までたどり着き、間近で鑑賞。
 
花火大会というと1時間、2時間と長いのが普通ですが、あまり長いと疲れるし飽きませんか?
15分という時間は丁度良いなと思いました。
若干物足りないのでまた来たい、と思える。


この日は多くの参加者が浴衣で、私も竺仙の浴衣を。
紺地に金魚のコーマ地です。
帯は紗献上博多帯。

バッグは絞りの布バッグ。
先日明治村で購入しました。素材は綿。

若手着物サークル「きものともだち」について、詳しくはこちらのHPをご覧下さい。

https://sites.google.com/site/kimonotmdc/home


2015年8月27日木曜日

きものともだちのホームページ

この度、着物サークル「きものともだち」のホームページを開設しました!

 
 
副代表でもあるメンバーの1人が作成してくれました。
会の様子がよくわかる内容となっています。
時々更新していきますのでどうぞご覧下さい。
 
只今、別のメンバーがパンフレットもリニューアル中。
器用なメンバーが多くてありがたい。
素敵なHPとパンフレットで、益々盛り上がって参ります!
 

2015年8月25日火曜日

小千谷縮で飲み会

飲み会に着物で行きました。
着物とは何の関わりもない集まりなので着物は私1人だけ。
2次会はカラオケへ。
ちょくちょく1人で行くほどのカラオケ好きですが、着物で行ったのは初めて。
こうやって少しずつ、着物で行ける所、着物で出来る事を増やしていきたいです。

格子の小千谷縮に半幅帯で。
夏も終わりに近づいてきたのでちょっぴり秋を意識した色遣い。


この格子、洋服で言うところのギンガムチェック。
洋服にも使われるようなシンプルな柄の着物は、和服が自分だけの時でも周囲から浮きにくくて着易いです。

着物で行くと当然着物の話題になり、20代の女の子が1人、きものともだちに入りたいと言ってくれました!早速入会。
更にもう1人、「こういう所で着物を着るという発想は今までなかった。私も着付け覚えようかな」とおっしゃっていた方も。
私が着物を着てウロウロする事で着物に興味を持ってくれる人が1人でも増えれば、こんなに嬉しい事はありません。

キモノマルシェin上田2015 告知

キモノマルシェin上田が今年も開催されます。
10月4日(日)。
昨年はフリマの出展をさせて頂き沢山の方にご購入頂きました。
今年は運営側のお手伝いをさせて頂く事になり、ますます楽しみです。
フリマも友人と共同で出展させて頂きます。

今年のマルシェは着物とスイーツのコラボ。
スイーツ好きの女子(男子も)の皆さん、必見です!
他にも沢山の催しがありますので皆さん是非お出掛け下さい。

パンフレットとポスターの配布、頑張ります!



昨年のフリマの様子はこちら

http://ayanofuku.blogspot.jp/2014/10/blog-post_20.html

2015年8月17日月曜日

浴衣で宵の明治村

夏の明治村に行ってきました。
「宵の明治村」という事で、通常17時までの営業時間を21時まで延長しています。
更に!浴衣で行くと入村料¥500(通常¥1700)。
嫌がる夫に無理矢理浴衣を着てもらい、家族3人で。


夕ご飯は牛鍋を。
趣のあるお席です。

 
 
息子のお楽しみは、SLと、弓と輪投げ。
 
弓は2本的に当たり、輪投げも2つ入りました!
 


夜の明治村、ライトアップされた建物は昼間とはまた違った雰囲気。
携帯カメラでは伝わりませんが綺麗でした。


お祭りらしさも。


そして最後は花火!


この日の浴衣は有松鳴海の雪花絞り。
麻の八寸帯を銀座結びで。
この帯、本当はポイント柄なのですが、柄を出すと銀座結びが出来ないので無地場が出るよう結んでみました。
「て」が長いので、短く取ったら前柄が見えなくなり、「たれ」部分はひっくり返して裏側を出しました。
この方が浴衣の柄も映えていい感じ。

二分紐にクリアガラスの帯留を。

夫は結婚前に購入した浴衣。
帯は荒磯の柄です。
さあ帯を、という段階になって、あれ、帯の締め方分からない・・・となり、数年前に着た時に見た角帯の締め方の説明の紙(浴衣を購入した際にお店からもらった)を探したけれど見つからず。
You Tubeを観ながら私が慌てて作った貝の口、うまく出来ませんでした・・・。
練習しておけばよかった。


会場では老若男女、沢山の浴衣姿で賑わっていました。
お祭りなんかでは10代、20代の若い人や子供達は浴衣姿もちらほら見かけますが、大人の浴衣ってあまり見かけない。
特に子連れの親御さんは、子供には浴衣や甚平を着せていても自分では着ない人がほとんど。
着物はともかく、浴衣ならそんなに負担ではないだろうに、もっと着ればいいのにな・・・といつも残念に思っていました。
しかしさすがにここは違います。
洋服の人の方が少ない位で。
子供、若者はもちろん、お父さんお母さんそしてお爺ちゃんやお婆ちゃんまで、皆さん素敵に浴衣をお召しで。これぞ日本の夏!
ただでさえ暑い中、混み合っているなんてイライラしそうですが、和装の人ゴミに揉まれるのは至福の時でした。

それにしても、夏に県外に行くと長野県の涼しさを実感します。
日が暮れて涼しくなるかと思いきや、湿度が上がってきてムシムシ暑い!
浴衣の下にポリ絽の裾よけを着ていましたが、蒸れて蒸れて・・・。
長野県内で浴衣を着る時はポリの裾よけでも全然平気なのに。
来年は麻の裾よけが欲しいな。

宵の明治村、あと8/22(土)・23(日)・29(土)・30(日)も開催するそうです。
夏の想い出に、是非浴衣でお出掛け下さい。
詳しくはHPを→http://www.meijimura.com/summer2015/



 
 


2015年8月10日月曜日

浴衣でジャズ

浴衣でジャズを聴く、というイベントがありました。

私には音楽の嗜みはなく、正直ジャズなどという高度な音楽を解る感性は持ち合わせてはいないのですが、夏の夜に浴衣でジャズ、何ともお洒落~ということで行って参りました。
というより、着物や浴衣が絡めば何にでもひょこひょこ行ってしまいます・・・。
場所は安曇野コミューンチロル。
 

前回のブログ記事、型染めの実演を観た日と同じ日の夜。
美術館や博物館に昼間から浴衣で行くのも気が引ける、かといって夜の浴衣のイベントに着物では堅いよね、ということで着物でシルクミュージアムに行った後、大急ぎで帰宅し浴衣に着替えて出向きました。帯留と二分紐は同じものをそのまま。
昼間から一緒の友人は竺仙の奥州小紋を着物風に着こなして上手にどちらにも合うようにしていました。

奏者の皆さんも浴衣、観客もほとんどが浴衣で、風情あるコンサート。
一通りジャズ演奏を鑑賞した後、ジャズの生演奏でお客さんが歌う、という催しがあり、我らがきものともだちのメンバーの1人がしっとりと熱唱。

浴衣で歌うお姿はなんとも色っぽい!
彼女も着物ブログやってます。

「ぷちぷらきものらいふ」
http://pcprkimono.naganoblog.jp/


会場ではビールとビュッフェ形式の美味しいお料理やおつまみが出ました。
下戸な私は烏龍茶を頂きました。


私の浴衣は有松鳴海絞り。紺地に白の向日葵柄です。
帯は麻混の刺繍入り兵児帯を。白地に白の刺繍なので良く見ないと分かりませんが。
有松鳴海絞りの浴衣、生地がガーゼのように柔らかく軽く、とっても気持ちのいい肌触りです。
細かい絞りは生地と生地がピタッとくっつくので着崩れしにくく着易い。
しかしその一方で裾も上前と下前がくっついて、きつく巻くと歩きづらいのです。
着物を着る時より少しゆるめにゆったりと巻きつけるようにすると丁度良い。
一昨年仕立てた浴衣ですが、何度か着て、ようやくコツが掴めました。

この夏初めての浴衣でした。
着物とはまた違った良さがあり、涼しくて快適ですね。
さて、今年の夏は何回浴衣を着れるかな。
あっという間に8月も半ばに差し掛かり、焦っています。

2015年8月9日日曜日

型染めの実演

只今駒ヶ根シルクミュージアムにて、特別展「染める」が開催されているので友人と行って参りました。
お目当ては7月19,20日、8月8,9日限定で行われていた型染めの実演。
講師は「現代の名工(卓越した技術者)」を受賞された長野県宮田村で染色業 (有)細田染織を営む細田伊佐夫氏。


私達2人が着物で伺うと、とても喜んで下さいました。
まずは沢山の型紙を見せて頂きながら、染めの説明を伺います。


実際に型紙を使って白生地を染める様子を拝見。

この上に更に色を足していくのですが、先生ご指導の下、見学者達に順番に体験させて下さいました。
青、緑、黒と3色の色をランダムに足して、


最後に赤で塗り潰します。

ここで特別展を足早に観に行き、戻ってくると・・・。
出来上がっていました!

私たちの他にも染めを施した見学者が何人かいらしたのですが、皆帰ってしまっていたので、2人でこの生地を頂きました。
とても貴重な、良い体験が出来ました。

この日たまたまNHK長野放送局の取材が入っていて、実演の様子を撮影していました。
8月28日(金)イブニング信州にて、18:30~19:00の間の5分間程放送予定だそうです。


さて、この日の着物は琉球絣に麻の帯。

帯留は昨年秋に行ったリサイクル着物あかねさんの安曇野での催事の際におまけで頂いたとんぼ玉。細い穴が開いていたので2分紐がなんとか通りました。


実演はもうありませんが、特別展は18日まで開催されています。
駒ヶ根高原は避暑地としてもオススメの場所。
お盆休みに是非足を運んでみて下さい。

2015年8月4日火曜日

リサイクル着物屋さんの夏の催事

伊那市にあるリサイクル着物のお店、からころさん。
8月1日~10日、飯島町で催事をやっています。


初日に友人たちと行ってきました。
凄い混雑ぶりで、大盛況。
今回は私は何も買いませんでしたが、着物は見ているだけで楽しいもの。
着物をお召しのお客さんも多く、目の保養でした。

私は、格子柄の小千谷縮に紅型の夏帯。



催事は10日までですが、あの盛況ぶりでは後半は商品が無くなってしまうのでは・・・!?
最後の3日間は割引するそうです。