2017年2月4日土曜日

淡色の着物と長襦袢

着遊楽の新年会で着た着物。
クリーム色の飛び柄小紋に宝尽くしの縮緬帯。



帯留めは福良雀。



小紋の柄は桜に似た架空のお花と雪輪。



上着は紅型調の道中着を合わせました。





失敗談・・・。
帰宅してからいつものように玄関の鏡の前で自撮りしていて気付いたのですが、長襦袢の柄が透けているではありませんか!



この日の長襦袢は白地に真っ赤な輪出し模様。
振りや袖口からちらっと見える赤が可愛いくて気に入っているのですが、ちらっとどころか全身にうっすら透けていた。あ~あ。


出かける前はね、たいてい急いでいるのでよく見ていないのですよ。
もし気付いたとしても着替える時間など無いし。

淡い色の着物は袷でも透けるから長襦袢は大人しいものを選ばないといけませんね。
特にこの小紋は無地場が多いから透けやすいのだろうな。





さて気を取り直して。
こちらのブローチは友人からのプレゼント。京都で購入してくれたそうです。
この日ストールを留めるのに使わせて頂きました♡



0 件のコメント:

コメントを投稿